拠点研究の活動
ACTIVITIES

研究拠点で実施する研究活動の内容, 拠点の計画・運営体制

本拠点で実施する研究活動は,①日本食・発酵食品の生活習慣病など疾病予防作用の解明(健康機能性),②日本食・発酵食品の食の安全性への応用技術開発(安全性),③日本食や発酵食品の①と②の機能性を食品製造につなげるための食品工学的研究(食品加工技術),の三本柱とする。それぞれのプロジェクトは,国内外の共同研究機関と広島大学内の他部局(医歯薬保健学研究院,教育学研究科)からなる研究ユニットを形成し,幅広い視点から研究を展開できる体制とする。さらに,本拠点において,これまでのアジア諸国で活躍する人材育成にも携わってきた実績を活かして,アジア人材ネットワークを立ち上げ,国際共同研究の推進と留学生のリクルートを行い,若手研究者の育成を図る。

企業との共同研究

企業との共同研究

本研究拠点で実施する研究活動の内容

本研究拠点で実施する研究活動の内容

本研究拠点の海外ネットワークの構築の拡大

本研究拠点の海外ネットワークの構築の拡大

自立ステージへのロードマップ

  • 食料生産を通じた「平和の希求」と「地域・国際社会との共存」(広島大学の5原則)
  • 女性研究者と協働で男女共同参画推進に貢献(広島大学男女共同参画宣言)

自立ステージへのロードマップ